こんにちは!

火曜日担当:不妊鍼灸の永澤なつきです。

子宮筋腫というのは、ご存知の方も多いですが、

良性の腫瘍(平滑筋腫)で、エストロゲンが関与していると言われています。

子宮筋腫

割合的には、成人女性の3人に1人は罹患しているほど、

婦人科疾患の中では最も多いのも特徴です。

よくある症状としては、月経過多、月経困難症、不正出血、それに伴い貧血

圧迫されることで、便秘、腰痛、頻尿になったり、

そして、特筆すべきことは不妊の原因にもなるうる、ということです。

特に問題のない場合一般的には、閉経後縮小していく事が多く、

経過観察とし、定期健診で診ていきます。

分類で一番多いのは、

筋層内にできるものが70%を占め、これは多発しやすい傾向です。

大きさや数ではなく、

できる場所の方が不妊に関係しますので、

思い当たる方は、専門の機関で一度早めに検査を受けてみましょう。

あなたにおすすめ

置くだけですぐつながる