はい、どうも!

東京都江戸川区であなたの姿勢からスタイル作っていく専門家の櫻田です。

今回は

胸が垂れる原因と対策について

お話していきます。

ある頃を過ぎたあたりから、皆さん感じ始める胸の張りがなくなって、重力に従って垂れていく・・そんな経験ありませんか?授乳を終えたお母さんは特に痛感しますね。調べてみると、25~26才あたりから胸が垂れ始めてくるようです。これには驚きですよね。

あなたは、胸が垂れる原因って何だと思いますか?有名なのはクーパー靭帯が伸びてしまうからという理由ですよね。寝る時もブラをつけろとか、自分にあったブラをつけろとかいろいろ言われています。

因みにクーパー靭帯というのは、おっぱいの形を維持する靭帯です。おっぱいは脂肪と乳腺で構成されています。脂肪そのものは形を維持する機能はなく、筋肉の上に乗っているだけの状態になります。なので、移動もしやすいですし形が変わりやすいのです。クーパー靭帯がおっぱいの中で張り巡らされる事により、おっぱいのおっぱいたる形を維持できるんですね(詳しくまた、どこかでお話しますね)

出典:ワコールボディーブック

でも、胸が垂れてしまう原因はクーパー靭帯によるものだけなんでしょうか?体全体を見た時にそれだけの原因ではなさそうなんです。

なぜ、胸が垂れる原因に猫背が関係しているのか?

胸が垂れてしまう原因っていくつかありますよね。主な原因は

  1. クーパー靭帯が退化、切れてしまうから
  2. 授乳後の乳腺の衰え
  3. 胸を支えるブラのサイズが違う問題
  4. 血行の問題
  5. 大胸筋などの衰え

以上の事がよく言われていますね。この中で、対策が難しいものは「授乳後の乳腺の衰え」と気が付き対策をはじめる時期により「クーパー靭帯の問題」が難しいですね。ですが残りは何とかなりそうです。

ブラの問題も何歳から対策を始めるかが、結構重要になってきますね。先ほど挙げたように25~26才あたりから胸が垂れ始める事を考えると23才ぐらいから自分にあったブラを求めなければいけないようですね(詳しくは別の所でお話ししますね)。

あとは、血行の問題とおっぱいを直接乗せている大胸筋の衰えの問題です。対策をする時期にもよりますがこれは何とかなりそうです。これら2つの問題はなぜ起きてしまうのでしょうか?

筋肉が衰えるのは、筋肉に緊張を与えていないから

他の所でお話しましたが、筋肉が衰えて弱っていくのは筋肉に刺激がいかないからです。筋肉はある程度の長さになると切れないように緊張を始めます。緊張が出る事により、筋肉が刺激され筋肉をある程度、強くすることが出来ます。筋肉が強くなれば胸が締まり、おっぱいを保つことに貢献できます。

昔からよく言われている、大胸筋を鍛える方法でカバーしようというお話をしている方もいますが、大胸筋だけを鍛えてもほとんど効果はないのです。なぜなら、筋肉が大きくなるだけでおっぱいを保つことには貢献できていないからです。

筋肉を締めるのと膨隆させるのは、意味が違います。胸を大きくするには大胸筋だけを鍛えて膨隆させるのはいい事なのですが、しっかり胸に固定できないとやっぱり垂れてしまうんですね。垂れてしまう対策を練るには筋肉を締めなければいけません。

筋肉を締めるためには姿勢が重要。猫背が筋肉を衰えさせる?

先ほどもお話しましたが、筋肉を締めるにはある程度の長さに引っ張る必要があります。猫背の状態だと大胸筋になどの筋肉を縮めてしまい、筋肉を引っ張ることが出来ません。縮めている時間が長いと筋肉は刺激されずどんどん弱っていってしまうんですね。

逆に背筋をしっかり伸ばすことにより、猫背は改善され大胸筋はある程度の長さに引き延ばされ、筋肉は緊張し締める事が出来るという訳なんです。また、猫背の状態になるとおっぱいを下向きにしてしまう事から、猫背の状態が続くと形も崩れやすくなってしまうんですね。これも早期に垂れる原因を作ってしまうんですね。

さらに猫背は、呼吸が浅くなり肩こり、頭痛、代謝量低下、集中力低下にもつながりますので、いい事がまるでありません。

胸が垂れないための猫背改善法は背筋にあり?

では、どのように猫背を改善していけばいいのでしょうか?猫背を改善出来れば胸が垂れるのを予防できます。その秘訣は背中にあります!多くの方が猫背になってしまう直接的な原因は、猫背の期間が長すぎるがための背筋の弱体化が主な原因です。背中の筋肉が弱いが為に元の姿勢に戻したくても戻すことが出来ないのです。

猫背を改善するためには、背中の筋肉を鍛える必要があるんですね。

胸が垂れない背中の鍛え方

胸が垂れないために背中を鍛える方法は2つあります。この2つを実践することによってあなたは胸の筋肉を締めおっぱいをいい所で保つことが出来るようになるでしょう。では行きましょう!

1、姿勢を整える

これが一番です。いくら背中や大胸筋を鍛えた所で、体の軸である姿勢がだらしなかったら効果はありません。まず、姿勢を整えるのです。そのためには、『骨盤を立ててアゴを引き、みぞおちを斜め上にあげる』です。この格好を維持しながら生活していれば、背中の筋肉は自然とつき、結果的に胸の筋肉を引っ張り緊張を与えてくれます。これが出来るようになれば、生活しながら胸の筋肉に緊張を与え続ける事が出来るので、おっぱいを常にいい状態に保つことが出来るでしょう。

2、手軽に背筋を鍛える

次に背中を鍛える方法です。非常に手軽にできる方法なのでいいですよ。この方法は、背中に血流を促すことが出来るので疲労の回復にも役立ちます。

何処でもできるお手軽背筋トレーニング法

1、バンザイします

2、肘を直角に曲げながら、腕を下ろしていきます。この時身体と水平であることを確認しながら行ってください。

3、またバンザイします

4、これを数回繰り返します。

上図の様なイメージです。ここまで力まなくてもいいんですけどね。

簡単ですよね。デスクワークや家事の合間など、ちょっとした空き時間を利用してできる方法です。

以上の2つを心掛けていれば、あなたは猫背を改善することができ、胸が垂れるのを予防することができますよ。ぜひ、やってみてくださいね。

シェアサロンよたすけでは、あなたの体形の悩みに対してスタイルが理想の形にならない原因をオステオパシーという整体方法を使って改善していき、あなたの理想の形になるように解剖学的な視点からサポートしていきます。また、思わずやってみたくなるセルフケア方法や日常やってはいけない事などのアドバイスなどをお伝えすることによって、あなたは楽しみながらお身体を理想の状態に持っていく事が出来るようになります。

ぜひ、あなたもこの機会に自分の姿勢に関して興味を持ってみてくださいね。もし、あなたが自分の姿勢を変えて今までの自分を変えていきたいと思うなら、以下のリンクからご予約・お問い合わせをお願いいたします。

ご予約可能日は11月19日のみです。

飛行機等の関係上ご予約受付最終日は、1か月前の10月20日にさせていただきます。

期限終了により、ご予約を締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました!

ラインでのご相談も受け付けていますので、いつでもご相談ください。

インスタグラムに今までのご利用者様の声などが載っていますので、良かったら覗いてみてくださいね。

 

動画も投稿していますのでよかったら覗いてみてくださいね。

 

あなたにおすすめ

置くだけですぐつながる